清潔感のある印象を与えるには? ~メイク・服装・髪型~
清潔感のある印象を与えるには? ~メイク・服装・髪型~

エステサロンに行った後は~自信をつけて鏡を見よう!~

身だしなみだけじゃない!相手に好印象を抱かせる方法

エステサロンで見た目を美しくすることは可能です。しかし、相手に好印象を持ってもらうためには見た目だけではなく、仕草や態度も重要です。中身から美しい女性になりましょう。では、印象を良くするための仕草などを見ていきましょう。

印象を良くするための仕草

相手に好印象を与える仕草にはいくつかのポイントがあります。下記で紹介する仕草を見て練習してみましょう。

笑顔を心がける
人と話をするときは笑顔でいると明るくて良い印象を与えます。話をしていないときは、笑顔でなくても、少し口角を上げることで話やすそうなイメージが付きます。仕事で取引相手と会うときは緊張することもあるかもしれませんが、笑顔を意識することでうまくいくかもしれません。初めはなれなくて疲れるかもしれませんが、続けることで自然な笑顔で人と接することが出来ますよ。
姿勢を良くする
せっかく印象が良くなるように身だしなみやダイエットをしても、姿勢が悪いとマイナスな印象を与えてしまいます。立っているときは背筋を伸ばし、胸を張り、片足に体重を乗せないようにしましょう。座っているときは、背筋を伸ばし、胸を張り、頬杖を突かないように気を付けましょう。姿勢を正すことで前向きな気持ちを維持することが出来ますよ。
明るい挨拶
明るい挨拶は好印象です。挨拶をするときに注意する点は、明るくはっきりとした声で、相手の目を見て挨拶をすることです。また、自分から挨拶をすることも好印象を与えます。相手の目を見て明るい挨拶が出来ると、相手も嬉しくなり、話やすくなります。お互いの距離を縮めるためにも挨拶は大事です。挨拶をするときは笑顔も忘れないようにしましょう。
相手を肯定する
人と話をしているときに、相手を否定してしまうと話すのが嫌になってしまいます。話をするときには、相手の話が終わるまできちんと聞いて、肯定的に意見を言うことが大切です。話を途中で遮ると相手はストレスに感じてしまいます。相手が話しやすい空気を作り、頭ごなしに否定しないようにして好印象を与えるようにしましょう。

香りが与える印象も大きい

見た目で清潔感あふれるイメージを作り出せても、体臭が臭ってしまうと印象が悪くなってしまう可能性があります。

つける量はどのくらいが良いですか?
体臭を気にし過ぎて香水をつけると返って印象を悪くしてしまいます。仕事の相手と食事に行くとなれば、強い匂いの香水をつけすぎてしまうとおいしくご飯を食べることが出来ません。食事以外でも、香水のつけすぎは良くないことを覚えておきましょう。程良く香るくらいにして控えめにつけると良いでしょう。
相手へ好印象を与える他、どんな効果がありますか?
女性が自分の好きな香水をつけることで、自分に自信を持つことが出来ます。また、集中力も上がったり、相手にも心地よさを与えたりすることが出来ます。香水で相手に好印象を与えると、香水の匂いや種類の話になって相手と仲良くなるきっかけにもなります。自分に自信を持ち、人間関係や仕事の効率も良くなるので、良い香りの香水を程よく付けてみると良いでしょう。

自信をつけるには内側から~自分を好きになる~

容姿が気になり鏡が見れない人でも、容姿が改善することで鏡を見るのに抵抗はなくなります。しかし、なかには容姿が改善されても自信が持てない人もいます。そのような人は内側からも自信をつけて、鏡を見れるようになりましょう。

自分を評価してあげましょう

自分が努力をすると、自然と周りからの評価を得たくなります。その評価を求める心理は、自分に自信が付くと大きくなってしまいます。しかし、評価を得られると期待したときに、他人から低評価をもらったり、他の人の方が褒められたりしていると、挫折感を味わうことになるでしょう。そうならないためには、他人からの評価を求めるのではなく、自分自信の基準で評価することが大切になります。

自信をつけるためのポイント

自分に自信を持つためには高い自己評価が重要です。自己評価を高めるにはいくつかのポイントがありますよ。

小さな目標を設定する
自分に自信を持つためには様々な努力が必要になります。改善のためには大きな目標ではなくて、小さな目標を立てることがポイントになります。小さな目標を立てて、目標が達成できれば自分を評価してあげましょう。小さな目標をコツコツと達成するたびに自分を評価できるので、自信を失わずに長く続けることが出来ます。
プラス思考を心がける
嫌なことがあると、そのことばかりを考えてしまい、一日ブルーな気分になってしまいます。また、寝る前に嫌なことを思い出して自分を責めてしまいます。日常で嫌なことばかりを思い出すと、自信がなくなり落ち込んでしまいます。このようなことにならないためには、できたことを振り返るようにしましょう。できたことを評価してプラス思考に考えて、前向きな気持ちを維持しましょう。
イメージトレーニングをする
自信がない人は良い自分をイメージ出来ていない場合があります。良い自分や理想の自分をイメージトレーニングで作りだします。きちんとイメージ出来れば、良い自分に向って行動に移すことが出来ます。良い自分に向かって行動出来れば自然と自信が付くようになります。休憩中や眠る前、家を出る前などにイメージトレーニングをして良い自分を作り出してみましょう。

自信をつける方法の一例

自分に自信をつけるために工夫をしている人もいます。どのような工夫をしているのか、見てみましょう。

趣味を持ってから自信が出ました(26歳/女性)

私は以前から興味を持っていることを始めて、趣味にしました。趣味のことを考えると楽しくなってきて自然と表情が和らぐのを実感しました。趣味に打ち込むことで小さなことで悩まなくなり、コンプレックスが軽減されていきました。趣味を通して行動することも増えていったので今では毎日が楽しいです。

可愛い下着で気分が上がります(24歳/女性)

下着は普段人に見られることはないけど、可愛い下着をつけていると気分が上がるんです。見えない部分だけど、自分のこだわりで好きな物を付けることが出来るだけで、胸を張って自信に繋げることが出来ています。気分だけではなくてちゃんとした下着を着ることでスタイルも良く見てるから周囲から褒められることがあります。

TOPボタン